スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年11月18日

WE G39C ガス注入バルブ

WA G36Cのマガジンにガスが入り難いと言うお問い合わせが有り卸元に「ガス入れ難いんですが、何か対策パーツは?」と聞いたら「これが普通なのです。ユックリでもちゃんと注入出来ていますので大丈夫です」との事でした。

まあ実際にガス注入すればマガジン内にガスは充填されていて問題無いのですが、精神衛生上大変宜しくない・・・・。

解決策として「注入バルブを交換する」が最も確実で手早いと。

CAW モスカート用 注入バルブが代替バルブとして使用出来ます!
1個¥350


交換はとても簡単!
マガジン内のガスを抜いてマガジンボトムプレートをズラしバルブレンチで外すだけ!


交換後

バルブヘッドは若干小さくなりますが、問題ありません。

これでガスもスムーズ注入!快適になります!!

それと「G39C」を「G36C」にするシートが出ました・・・・・。
レーザー刻印や切り文字ではなく印刷ですが、値段も525円とお手頃価格。



整備中のA&Kドラグノフ(BKストックVer)も夜には並べれると思います。

整備メニューは・・・・・。
マルイ純正HOPパッキンに交換。
チャンバー・インナーバレル内クリーニング
内部清掃
シリンダー周辺パーツクリーニング&グリスアップ
各部増し締め
初速は調整後 HOPフリー マルイ0・2gBB弾 90~94m/sになります。

価格は整備済み ¥17800(税込み)になります。

  


Posted by はぐるま  at 14:13Comments(0)GBB

2010年11月12日

WE G39C用マガジンメイクペーパー

この季節でも快調に動くWE製 G39Cのマガジンをちょっとだけメイクして雰囲気を上げ様と思います。

ノーマル箱出しのスペアマガジン

樹脂製のケース内部に亜鉛のマガジンが挿入されています。

これではちょっと殺風景と言うか雰囲気が・・・・・でケースに入ってるなら5.56mmをスキャンして張り付ければ良い感じになるやん!と言う事でスキャンして印刷しました。

しかし・・・・・フォロアーが無かったのでイマイチだった・・・・・「そーいやG36Cのノマグってダミーカート入ってたな・・・」よし・・・これスキャンして印刷してしまえw 

早速ノマグをバラして3分割でスキャンし印刷して切って並べて再スキャンして1枚の紙に印刷しました・・・・・。


それをもう一度マガジンに合わせてカットして貼り付けます。
G39Cはボトムプレートを外して底の+ネジを外せばケースからインナーを取り出せますので作業は簡単!

両面テープだとその分厚みが出てケースに収まり難いので、「スプレーのり」を軽く吹き付けて貼り付けました。



3面に貼り付けたら暫くの間ノリを乾燥させてからケースに戻しネジを締めてボトムを嵌めます。

ケースに押し込む際は無理に押し込まずユックリ丁寧に戻します・・・・無理に入れると破れます。

WE G39C用マガジンメイクシート 1枚¥250

  


Posted by はぐるま  at 14:07Comments(0)GBB