スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年09月02日

A&K 電動ドラグノフ入荷

A&Kからコッキングに続きSVD(ドラグノフ)が電動化されて発売されました。
当店にも入荷したので動作確認をして店頭に並べる準備をします。

無駄にフルオートが出来るのでマガジンは多弾マガジンになってます。

バッテリーはAKタイプをハンドガード内に収納するのはSVD定番です。

ピンをグリグリ回しながら抜きますが決して斜めにしたりしないで下さい。

手元にCAドラグノフのフェイクウッドハンドガード&ストックセットが有ったので試しに着くかやってみました。

結果は着きません・・・長さも太さも違いました。

A&Kドラグノフが他のSVDと最も異なる点・・・それは「スプリングの交換がメカボックスを分解せずに行える」です。

スプリングガイド後部を押し上のピンを引き抜くとガイドとスプリングが外れます。

デチューンはやはりと言うか・・・スプリングカットでした。

変なデチューンをされるより余程マシかな。

フレーム基部横の芋ネジ2本を外してからアウターバレルASSYを引き抜きフレームからメカボックスを取り外します。作業手順は説明書に記載・・・ただしメカボックスを抜く時にちょっとコツが有ります。無理せずコジったりせず慎重に作業しましょう。

外れたら+ネジを緩めて開きます。

メカボックスはCAドラグノフと非常に似ていますが、パッとみで何箇所かに違いがあります。

フルオート用のセレクタアームが有ります。

分解する時にココは要注意!タペットプレートの引き戻しスプリングがメカボックスの外側に出ています。無理にコジッたり掴んだりすると折れます。


ではメカボックスをパカッと・・・・。

A&Kのギアに16枚ラッチのピストン・ギアは国内パーツで補修出来そうです。

何故かノズルにOリング・・・デチューンのつもりなのかな?

モーターは超力青・・・めっさ強力です!

緑グリスは少な目でした・・・洗浄してグリスアップして組み直し。

シリンダーとピストンはボアアップサイズです。しかしエア漏れが酷かったのでピストンヘッドに小細工して気密を上げました。

続いてチャンバーとHOP周辺です。
見慣れたブルーアルマイトのパーツにCAっぽい可変HOPチャンバーユニット

A&Kのアウター基部とCAのダイヤルHOPを混ぜたみたいですね・・・個人的にはコッキングのままの可変HOPの方が手直しが楽かなと感じましたが・・・。

パーツ構成はこんな感じ↓

バレルは590mmPSG-1サイズです。
バレル内をクリーニングしHOPパッキンをマルイ純正に交換アジャストラバーを16Gシリコンコードで作りHOPの調整幅を拡張しています。
後はバラして手順と逆の手順で組み立てます。

A&K 電動ドラグノフ マルイ純正HOPパッキン&KM0・98Jスプリング交換済み。
初速マルイ0・2gベアリング研磨BB ノンHOP90~93m/s

定価¥41790本体税込み価格¥34820!  


Posted by はぐるま  at 20:38Comments(0)A&K ドラグノフ