スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年04月05日

右耳2mm右ミニMINIMI

Repeat after me 「みぎみみにみりみぎみにみにみ」

自分のM249MINIMI Mk-2が長くてイマイチ出番が無いので短くしてみました。
まあバレル替えて先っちょを外してナイツハイダー着けただけの簡単ショート化ですが・・・。

このままストックも外して・・・・・とか考えましたが、その内に実現させるかも知れません。

PARAを1丁入れて作っても良かったんですがMk-2が有るのでワザワザPARAを買ってまでは・・・。

BUDDYさんのフルオート戦に使えそうなら使いたいと思います。



5月にはS&TのTAVORとかSVDとか6mmガーランドとか6mmM712GBBが入荷予定ですのでお楽しみに!  


Posted by はぐるま  at 16:56Comments(4)A&K・M249

2011年02月20日

PARA整備

オーダーカスタムのM249 PARAの整備とカスタムです。

日本仕様なのでしょう・・・JP刻印があります。


メカボックスはそれほど手間も無く外せます。

ネジ3本とストック・グリップを外しフレームから抜き出します。

スプリングガイドのロックを解いてスプリングを抜きヘックスネジを12本緩めてメカボックスを開きます。

緑グリスです・・・もっさり緑グリスです・・・・毎度毎度のグリスです。

スイッチも相変わらずの韓国製です。


オムロンに交換します。自分のミニミで3万発撃った後に分解しましたが接点焼けは有りませんでした。

グリスをそぎ落として内部を洗浄します。

パーツクリーナと歯ブラシで擦りながらグリス除去

ピストンレールが鋳造後全く処理せずガッサガサだったので、磨いてやります。

研磨処理前と処理後・・・・・。

後はギアやレールをグリスアップし組み立てます。


次は抜け難いストックピンを取り外しし易い様にピン穴を広げます。

7mmのドリルでサクッと穴を広げます。これだけですがピンの抜き差しが非常に楽になります。

チャンバーはバレルクリーニングし内部を磨いてからHOアジャストゴムを16Gシリコンコードで作り直して組み立てます。

左ノーマル右16Gシリコンです。

APSのピラニアTANカラー¥11800も入荷してます。

非常に攻撃的なFハイダー・・・突いたら痛そうです・・・・RONI G1もBK&TAN各色在庫有ります。  


Posted by はぐるま  at 23:25Comments(0)A&K・M249

2009年05月11日

支援火器2丁

自己所有A&K・M249とお客様のA&K・M60Mk43Mod0を並べて撮影してみました。

並べてみるとMINIMIよりM60の方が無骨な雰囲気が出てます。

仕上げの善さはM60に軍配か?!

好みも有るので一概に「こっちが良い!」とは言えませんが2丁とも個性の有るモデルなのは確実です。
これから暑くなる季節・・・・・これ持つと動く範囲が狭くなるのも確実ですw
  


Posted by はぐるま  at 16:57Comments(0)A&K・M249

2009年01月23日

A&K・M249用

自己所有のMk-2を含め需要が多かったので
PARA・Mk-1用とMk-2用の2種類製作。

取り付けはPARA・Mk-2両機種とも配線の取り回しを
メカボックス側面から下部溝に変更。

PARA・Mk-1は本体先端の六角ボルト2本を外し
ハンドガード基部を外しメカボを取り出して交換。
Mk-2はストックの一部に配線の逃がしを削る加工が必要。

セット内容
高精度国産8mmベアリング(純正互換サイズ)
オムロンマイクロスイッチ
組み立て済み配線一式

少数ですがGUNSHOP GEARにて¥4250で販売中  


Posted by はぐるま  at 22:38Comments(0)A&K・M249