スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年11月28日

う~ん・・・すんなり付かないのが大陸製かw

お客様からの依頼でG3 SG-1にclassicarmy製メタルフレームの組み込みとメカボックスのメンテの依頼が組み込みをしました。


最近の大陸製製品も一頃より大幅に改善され組み込みの難易度も下がったかな~?と思っていたのですが、中には居てますねw 地雷が・・・。

アッパーレシーバーは本家プラフレと同じ左右分割なので本体からパーツを移植し取り付けます。が。マガジンプレートが若干後にズレる為マガジンの装填が硬い・・・プレートが樹脂なのでヤスリでちょこっと削ってレシーバーに収めます。

後は組み込んでレシーバーをネジ止めすればアッパーは完成!

ロアレシーバーはプラフレからメカボを外し付けるだけ!グリップ・モーターを入れれば完成!

後は上下を組み合わせてストックを付ければ完成!!の筈でした・・・そう・・・この瞬間までは・・・。

ノーマルのストックを差し込もうとすると・・・入らないww
削り出しフレームではないので鋳造時の歪みがモロに影響してます。
ストックピンが刺さらなければストックの固定は出来ないので、当たる部分を削ります・・・兎に角削ります・・・嵌るまで削ります・・・レジーバーの余計な部分にマスキングテープで目張りしてヤスリで当たる所を削る!

それでもストックピン穴が合わない・・・ロアレシーバー側の穴を楕円に拡張してストックを差し込むことでピン固定しました。

流石メタルフレーム!かなり剛性高いです!首周り強化パーツも良いですが、アルミフレームも良いですね。

若干古さを感じるG3 SG-1ですが、根強い人気を誇ってます!  


Posted by はぐるま  at 22:47Comments(0)スナイパーライフル